ファットバイクって何?流行ってんの?これは楽しそう。乗ってみたい。


どうも。

今日ね。特に予定がなかったんで子供と公園に遊びに行こうと思って公園行くぞと号連を掛けたんですけど。そしたら、長男がこう言うんです。

「自転車乗りたい!!!」

いやいや、冬だし。自転車なんて乗れないし。

「アホ!雪だらけで自転車なんて乗れないわ!」

なんて会話があったんですよ。

それで、とりあえずそり遊びでもしようかとうちの近所の前田森林公園に行ったわけですよ。

【無料で遊べる】札幌のそり遊びスポット3選
さてさて年末で御座います。忘年会や年末のお出掛けで財布の中身も寂しくなってくる今日この頃。雪だけは有り余るほど、降ってるんでお金を掛けずに子供達がソリ遊びが...

そしたら、普通に自転車に乗ってる人だかり。

30人くらいみんな自転車乗ってたの。

「アホ!雪だらけで自転車なんて乗れないわ!」

「アホ!雪だらけで自転車なんて乗れないわ!」

「アホ!雪だらけで自転車なんて乗れないわ!」

「アホ!雪だらけで自転車なんて乗れないわ!」

…息子よゴメン。アホはなのは父ちゃんや。

スポンサーリンク

ファットバイク

普通の自転車と比べてすごいタイヤが太い。

いかにも、悪路走ります私的な雰囲気が漂っている。

気になって調べてみたら「ファットバイク」って言うらしい。

皆さん知ってました?

私、30年以上生きてて初めて見ました。ちょっと前に流行った街中で走ってたタイヤ太くてハンドルとサドルがやたら離れてる(アメリカンバイク的な)自転車は知ってましたが、それとは違って普通の自転車のタイヤが太い感じ。

それがね。なんかカッコいいんです。※トップの画像は後述のサーリーさんのサイト参照してます。

別に自転車とかってあんまり興味ないんです。ママチャリでいいやって言う人間です。

でも、久しぶりに気になる。物欲が出てきた。

これはwikipediaで調べるしかない。

Fatbike(wikipedia)

英語だ。つたない英語力で読んでみるとこんな雰囲気。アメリカのドラマの声優の吹き替えをイメージして読んでください。

  • 「ファットバイク」は「スノーバイク」とも呼ばれているんだ。「ファットバイキング」という競技もあるんだ。
  • タイヤの太さは通常のマウンテンバイクの2倍(太さ3.7~4.7インチ程度)なんだ。雪の上はもちろん、砂の上なんかも走れるぞ。
  • 始まりは、砂漠を旅行するために、フランスのJean Naudが開発したんだ。

だれか日本語訳たのんます。

代表的なメーカーは以下の通り

KONA(コナ)

http://www.konaworld.jp/index.html

カナダで1988年で創設。オフロードバイクを中心に展開。

SURLY(サーリー)

http://ja.surlybikes.com/

1998創設のアメリカの自転車メーカー。

競技用とよりかは街乗りを目的とした自転車を作っている。

Cannondale(キャノンデール)

http://www.cannondale.com/ja-JP/Japan

非常に歴史のあるアメリカの会社です。いわゆる老舗ですね。

でも結構高い

本格的なブランドのは結構高い。安くても10万円とか。高いと普通に50万円くらいするのもあります。自転車好きな人は普通なんでしょうけど。ちょっと手が出ないね。

Amazonで調べたら結構安いのもある。

※2/27追記

コメントでご指摘頂きました。以下の商品は、ルック車と言われるジャンルに分類されるものなので、ファットバイクではないそうです。雪上での走行は不向きです。勉強不足失礼致しました!ご指摘有難う御座います!



キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ファットバイク 26インチ ビーチクルーザー [ シマノラピットファイヤー7段変速 / アルミフレーム / 前後ディスクブレーキ ]標準装備 マットブラック YG-262


HUMMER(ハマー) マウンテンバイク 26インチ FAT BIKE TANK3.0 ATB 26×3.0インチ極太タイヤ シマノ製6段変速機搭載 前後Vブレーキシステム 13118-0199


BRONX (レインボー) 26BRONX4.0-DD 26インチ ファットバイク 7段変速 COL:マットグレー×レッドリム 湘南鵠沼海岸発信

もう少し勉強が必要ね。

以上、ちょっと気になった「ファットバイク」でした。

ではまた。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. けろちゃん より:

    ファットバイクに興味がおありの様ですが アマゾンから紹介されておられる自転車はいわゆる ルック車と呼ばれるもので (どっちかと言うとビーチクルーザーと呼ばれる部類です
    前田森林公園で行われていた試乗会の様な走りは不可ですので ご理解をお願いします(体力と怪我をしてもすぐに回復する異能力があるならオトメしませんが あれはママチャリと同レベルでお考え下さいませ
    乱筆乱文で申し訳ありませんが これにて失礼致します

    • eecow より:

      あの日公園にいらした方ですか?
      コメント有難う御座います!

      あの日前田森林公園で雪の上を走る自転車を見て、衝撃を受け興味を持った次第です。

      ルック車と言うんですね。それは失礼を致しました。
      怪我の回復力は年と共に治りにくくなる一方なのでご指摘頂き助かります。

      誤解を招くといけませんので、記事も加筆・修正致します。

      ご指摘有難う御座いました!

  2. けろちゃん より:

    ご理解いただきありがとうございます!(加筆 修正までしていただき恐縮です)
    その日には 走ってきましたが時間が遅かったので すれ違いになっておりますかと・・・
    その時ご覧になられた方々は札幌の各ショップ主催の試乗会に来ていた人たちかな?と
    興味がお有りなら、秀岳荘の白石店か サムズさん あたりに行くと快く試乗させてくれますよ(天候や路面状況により断られることもあります・・・慣れてないと 確実にコケますから
    石狩手稲通り沿いにある みやたサイクルさんにも時期がよければ試乗車があります(子供用なら常時試乗できます
    上記のお店だと ファット系の自転車に理解があるので 予算と相談でおすすめを提示してくれますし 押し売りのようなことはしてこないので 話だけでも聴きやすいです・・・メンテの面でも安心して任せられるかと思います(特殊なのでメンテすらできない店がほとんどです
    ロードなりに乗ってて メンテ出来るのであれば 通販は美味しいですが お手上げになってしまうと 忙しい時期だと断られることも多いでしょうし
    長文になり申し訳ありませんが つい、興味を持ってくれただけでも嬉しく思い余計なことを語ってしまいました失礼しました
    それでは乱筆乱文ですが これにて失礼いたします